読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏Unity

主にUnityについての備忘録ですが誰か様の為になれば

UnityをGitでバージョン管理

前提条件

  • Gitは開発環境にインストール済み
  • Unityプロジェクトは既に存在する

 

開発環境

 

Unityの準備

  1. Edit > Project Settings > EditorのInspector上で以下を設定
    • Version ControlのModeをVisible Meta Files
    • Asset SerializationのModeをForce Text

 

UnityプロジェクトをGitの管理下に

  1. Unityプロジェクトの直下に移動
  2. Gitのリポジトリを作成
    $ git init
  3. Gitでバージョン管理しないファイルを定義
    (主に一時ファイルまたはユーザに依存する設定ファイル等)
    $ vi .gitignore
    [Ll]ibrary/
    [Tt]emp/
    [Oo]bj/
    [Bb]uild/
    # Autogenerated VS/MD solution and project files
    /*.csproj
    /*.unityproj
    /*.sln
    /*.suo
    /*.user
    /*.userprefs
    /*.pidb
    /*.booproj
    #Unity3D Generated File On Crash Reports
    sysinfo.txt
  4. 以降はGitに従ってバージョン管理

 

GitHub:リモートリポジトリの登録(必要であれば)

GitHub無料プランはプライベートリポジトリを作れないので注意

リモートリポジトリのアドレスは適宜置き換えてください

  1. Unityプロジェクト(ローカルリポジトリ)の直下に移動
  2. $ git remote add origin https://github.com/アカウント名/リポジトリ名.git
  3. $ git push -u origin master